しらゆりの世界

発達障害の息子と共に生きながら、独自の見解で語るブログ。

インチュニブ服用〜1年4ヶ月〜

どうも、しらゆりです。

 

私の勤務先が倒産した記念に、息子の近況報告をしようと思う。

 

そう、倒産。

 

 

 

 

え?

 

 

  

 

まあ、それは今関係ない。置いておこう。

 

思えば、インチュニブを服用開始してから初めての運動会の模様をお知らせした以来だった。

 

まもなく息子は、小学校4年生を迎えようとしている。

インチュニブを服用開始してから、もう1年4ヶ月が経過した。

 

3年生もあっという間に終わってしまったようで、長かった気もする。

長かった気もするのは、きっと普通以上に学校や子供と向き合うなど、密な時間を過ごしていたからなんだろう。

 

そう。詰まってる。

 

ギチギチだ。

 

濃いんだ。

 

育毛剤の話ではない。

 

 

3年生の振り返りとして私(母)が勝手にまとめると、

 

①好きな教科、苦手な教科がはっきりしてきた

②行ってみたい場所、やってみたいことなど興味を示すことが増えた

③友達に手が出ることはほとんどなくなった

④発表会が意外と好き

⑤登校班への拒否感情が薄れた

⑥支援学級に慣れ、正式に行けるようになった

 

こんなところだろうか。

  

 

実は今月、2年3ヶ月ぶりとなるWISC-Ⅳを受けてきた。

(前回WISC-Ⅳを受けたとき、息子は1年生。前回が初めてだった。)

 

「漢字」が苦手だということが、支援学級に行くようになって明確になったからだ。

 

例えば漢字テストの時、壁のポスターに答えがあることに気付いた友達が、指を指して息子に教えてくれたとしよう。

 

息子も、そのポスターに答えがあることに気付く。

どの漢字が正解かも分かっている。

 

だが、紙に「書き写す」ことができないのだ。

 

処理能力が高い息子は、目で見て情報処理する力が高いと主治医も考えていたそうだ。

だが前回のWISC-Ⅳから2年以上経過していることから、再度テストしてみようということになった。

 

来月その結果が出るということで、また病院へ出向くことになっている。

 

 

病院に行くということで、現時点で一つ気になることをお知らせしておこう。

 

寝つきについてだ。

寝つきがまた悪くなってきているような気がしている。

寝る前に暴れたい衝動に駆られるらしい。

 

私が布団をめくり「行け!」の合図で、息子はその場所にとどまりながら全身で3秒程度ジタバタする。

 

足がムズムズするやつだろうか。ムズムズ脚症候群とか?

確かにADHDの子供が併発するケースが多いと聞く。

 

いや、そこまでではない。

そういった症状ではない。

ただただ薬の服用量が足りないのかもしれない。

 

 

インチュニブは子供の体重が30㎏を超えると、服用量を増やすとのことだった。

息子の体重は31㎏になったが、まだ1㎎で様子を見ている。

 

他に支障はないんだ。今のところは。

だが増やすなら、少し気になることが出たタイミングのほうがいい。

 

服用量を増やすのに抵抗がある私は、悩んでいる。

 

 

 

そう。悩んでいる。

 

 

 

と、文章にして思った。

 

 

 

そうだ、息子に相談しよう。と。

 

 

 

インチュニブを服用しているのは私ではない。息子だ。

 

 

 

息子と主治医と相談して、決めようと思う。

 

また来月、来月ってもう4月なのか。

結果をご報告する。

 

2年前のWISC-Ⅳの結果と比較してみようと思っている。

でもその前に、3年生の振り返り事項について少し詳しく触れておくつもりだ。

 

簡単だが、今回はこの辺で終わろう。

 

じゃあ、またね。