しらゆりの世界*ADHDの息子と生きるシンママ

発達障害ADHDの息子と共に生きるシングルマザーが、独自の見解で語るブログ。見にきてくれたらニヤニヤしながら喜びます。

息子のピンチを救う、家族向けのモバイルバッテリーを手に入れた

f:id:w-lily:20190626105513j:plain

 

どうも、しらゆりです。

ADHDのチェック項目にもあるように、息子は乗り物酔いがひどく、待っていることがすこぶる苦手だ。

そんな息子との外出時に必須のアイテムは、以下である。

  • 酔い止め(遠出)
  • 家族のスマホ
  • モバイルバッテリー

ゲーム機ほど人目が気にならず、ゲーム機ほど乗り物酔いしない、そんな「スマホ」でのゲームが移動時間中や待ち時間中の息子を救う。

とはいえ、そんな息子の救世主であるスマホにも体力の限界がある。充電器が必要だ。モバイルバッテリーがあれば外出時に怖いものは無い。

今回は私が実際に購入した、家族向けのちょうどいいモバイルバッテリーをご紹介する。

5年間愛用していたモバイルバッテリー

実は先日、5年間愛用していたモバイルバッテリーが壊れてしまった。

f:id:w-lily:20190625140818j:image

「メーカー:maxell

  • 重さ 約120g
  • 容量 5,200mA

とにかく軽いし、スマホは2回分くらい充電できるし気に入っていたからショック。自分のスマホの充電だけなら十分だった。

だが、もちろん不便だった点もある。

・モバイルバッテリーの残量がわからない

・ON/OFFのスイッチがあるのだが、側面に緑の光がうすく点灯しているだけでONかOFFかがわかりにくい。結果、電源をOFFにするのを忘れてモバイルバッテリーの充電が切れる

5年間も壊れることなく共に歩んでくれたmaxellだが、上記の点が解決できる新たなモバイルバッテリーを迎え入れることにした。

モバイルバッテリーってなぜこんなに種類が多いのだろうか。どれだけスマホとにらめっこしたかわからない。モバイルバッテリーを探すためにモバイルバッテリーが必要になる。

これぞ、家族向けの大容量モバイルバッテリー 

モバイルバッテリーを買い換えるに当たって、私がこだわった点は4つ。

1. とにかく軽いほうがいい
2. もう少し充電回数を増やしたい
3. 家族のスマホだけでなくタブレット、ゲーム機も充電したい
4. 残量がわかるものがいい

やっとのことで見つけたモバイルバッテリーがこちら!

 「メーカー:TSUNEO」

  • 重さ 約200g
  • 容量 15,600mA
  • 2台同時充電可能
  • 残量が数字で表示される
  • LEDライトが付く

TSUNEOは、こだわりの4点を網羅していた。

1. とにかく軽いほうがいい…たまご2個分の重さ
2. もう少し充電回数を増やしたい…maxellの3倍
3. 家族のスマホだけでなくタブレット、ゲーム機も充電したい…2台同時充電可能
4. 残量がわかるものがいい…数字で表示される

今まで愛用していたモバイルバッテリーよりは少し重いが、よく見かけるモバイルバッテリーより断然軽い。私が持っても子どもが持っても苦にならない軽さだった。

充電口が2つあるから、充電したい機器が2つ現れようと、2人現れようと対応可能。しかも容量が大きいため、簡単にモバイルバッテリーの残量が無くなることがない。

光の数で電池残量を示すのではなく、ハッキリ数字で示してくれる。(スマホもパーセンテージ表示する派)しかも、数字がでかい。電源のON/OFFもわかりやすい。

f:id:w-lily:20190625145327j:image

(2%とか充電してやれよ)

そしてそして、な、なんと!LEDライトが付くー!

f:id:w-lily:20190625145407j:image

これ、地震とか災害への備えになる。

スマホのライトを使っているとすぐスマホの充電が終わってしまい、いざという時の連絡手段が断たれてしまう。

モバイルバッテリーのライトを使えば、スマホの充電を気にしなくて良いのだ。防災グッズにもなるモバイルバッテリーとか最高じゃないか。

もちろんPSE認証済み電気用品安全法の基準を満たしている)だから安全。家族で使うならなおのこと、安全なほうがいい。

5年の間にモバイルバッテリーがここまで進化していたとは知らなかった。

そして最後に、ひとつ。コスパもいい!

5年間愛用したモバイルバッテリー(量販店で買った)より安かった。なぜだ。これは本当に驚いた。今回紹介したモバイルバッテリーは、紛れもなくAmazonで購入した。

【2019最新版】モバイルバッテリー 大容量 15600mAh スマホ充電器 LCD残量表示 2つUSB出力ポート(1A+2.1A)急速充電バッテリー 軽量 薄型 旅行/緊急用 Android/iPhone/iPad対応 (ホワイト) (ホワイト)

iPhoneを充電するには持っているLightningケーブルを使うか、付属のマイクロUSBケーブルに変換アダプタを装備しよう)

iPhone8と大きさを比較した写真がこちら。

f:id:w-lily:20190625145308j:image

左から、iPhone8 / maxell / こやつは一体? / TSUNEO/と並んでいる。

TSUNEOはスマホくらいの大きさだ。軽いから邪魔にならないし、ホワイトがなんとも素敵なデザイン。

なんかもう言い尽くしたからいいや、満足。

家族向けのモバイルバッテリーとして絶妙にちょうどよかった。

突然の仲間入り、シンプルでかわいいモバイルバッテリー 

「こやつは一体?」

ひとつ突然現れたピンク色のそれも、実はモバイルバッテリーなのだ。

新しいモバイルバッテリーを探し始めた当初は、maxellと同じ容量のモバイルバッテリーを探していた。

買い物カゴに入ったままのそれは、いつの間にか自宅を訪れていたんだ。

それがこちら。

 「メーカー:BONAI」

  • 重さ 約190g
  • 容量 5,000mA
  • Lightningケーブルで充電可能

こちらは、iPhoneユーザーにおすすめのモバイルバッテリーだ。付属のLightningケーブルで、モバイルバッテリーの充電もできる。

自分のスマホだけ充電できればいいという考えが変わらなければ、私はこちらを選んでいただろう。

充電残量は、青い光の数で把握できるようになっている。

f:id:w-lily:20190625203843j:plain

それにしても、かわいい。モバイルバッテリーにかわいいという概念はなかった。

そしてコスパもいい。

用途に合わせて選ぶのが良いだろう。

BONAI 超軽量 モバイルバッテリー 5000mAh ポータブル PSE認証 スティックタイプ スマホバッテリー 超小型 コンパクト アルミニウム合金 急速充電器 ライトニング入力ポート搭載 iPhone/iPad/iPod Touchなど対応 ローズゴールド【180日保障期間】

家族向けのモバイルバッテリーを選ぶならTSUNEO

もっと大容量で高性能なモバイルバッテリーはいくらでもあるが、重さ・容量・デザイン・使いやすさ・付属の機能など総合評価で選んだのが、TSUNEOだった。

身内に、ASDアスペルガー)と軽度の知的障害がある子どもがいるのだが、特に感覚過敏がある子どもは、外出時に自分を落ち着かせる手段として電子機器を選ぶしかない状況に陥ることがある。

一緒に過ごしていた日だけで1日に3回くらいスマホの充電が必要だった。

もちろん電子機器漬けになるのは、あまり良くないと言われる。

だが、発達障害の子どもにとって苦手な外出の機会を全て避けることはできない。うまく電子機器を使いつつ、外出に対してトラウマにならないように親が誘導してやるしかないのが現状だ。

そんな子どもでもママでも誰でも持ちやすいモバイルバッテリーを見つけることができて、とにかく嬉しかったからご報告する。  

じゃあ、またね。